ブラインドコミュニケーション・インザ・サムウェア

ブラインドコミュニケーション・インザ・サムウェア

ブラインドコミュニケーション 視覚障害 研修 常瑠璃子 講師 行政

私たちが提供する「ブラインドコミュニケーション・インザ・サムウエア」とは、視覚以外の五感を使い貴社の新たな商品開発・課題発見へと寄与する体験型の研修です。
 
「何か新しい商品の開発を進めたいけれど、アイディアが社内で出てこない。」
「何か新しいサービスを始めたいけれど、どんな内容が喜ばれるかわからない。」
 
職場の会議室でアイデアが出てこないと悩む課題を持つ企業様向けに、国際協力のフィールドで7年間勤務する中で培った課題解決能力と、日本のみならずアメリカ・タイで生活する中で身につけた工夫する力を生かしてファシリテーション講師として活躍する全盲の常瑠璃子を迎え、森の中・美術館・スーパー、時にはファシリテーター常の自宅で実施し、貴社の新たなイノベーションを生み出すお役立ちへ貢献をいたします。
 
『見えない』という視覚障がい者がチームにいると、チーム内でのコミュニケーション手法や内容が劇的に変化すること。また、視覚障がい者の存在自体が、スタッフ間の距離感や関係性がより深まる触媒となり、皆が新たな考え方で考え始めることが可能となります。
 
IT化が発達すると共に、幼少期から視覚に頼る生活を行っている私たちは、視覚以外の感覚を使って考えることや会話することがほとんどありません。
 
今までの世界観・常識の枠の外で新しいアイデア・価値を考えるこの研修は、組織内における生産性や効率性の向上はもちろん、顧客に対しても本当の課題や心の中にあるニーズ・ウォンツまでをも引き出すことが可能とします。組織を内部から活性化させ、新たなサービスや商品開発、イノベーションへとつなげることを可能とするこの「ブランインド・コミュニケーション・インザ」を是非ご体験ください。
 

 概要

 「聞いて、触って、感じて、試す」
 「話して、作って、見て、試す」

 

ブラインドコミュニケーション 視覚障害 研修 常瑠璃子 講師 行政

会社の会議室でアイデアだしのディスカッションを行うのではなく、視覚以外の五感を使って様々なことに挑戦して頂き貴社の新たな商品開発・イノベーションへとつなげていきます。
 
例 アイマスクをして料理を作りながら便利なキッチンツールのアイディア出し。
家電製品の付加価値を高めるようなアイディア出し。
 
研修目的に合わせた場所とワークのご提案をします。

 パートナーシップ

 

 

ブラインドコミュニケーション 視覚障害 研修 常瑠璃子 講師 行政

製品・サービスの開発から開発した製品やサービスを必要としているポテンシャルカスタマーに届けるところまで、ビジネスパートナーとして障害のあるわたし常がお手伝いします。
 
「視覚障害者からのリクエストで製品に張るための点字シールを作成したものの、視覚障害者の手に届いていない。」
 
これは、大手企業さんが感じているという課題です。せっかくお客様に喜ばれるはずのアイディアや工夫が製品やサービスとして形になったとしても、実際に必要としているお客さんに活用されないのはもったいないと思いませんか?
 
 

HOME | ブラインドコミュニケーション・インザ・サムウェア